アウトドア

オリーブ シプレッシーノ Bergs Potter POT SET

¥24,000

オリーブの花言葉は「平和」、そして「知恵」。
平和の象徴とされたオリーブの人気の理由は、その由来ももちろんですが、常緑で育てやすく害虫の被害にも遭いにくいという、強靭さにもあります。

少しくすんだカラーの葉っぱはとても大人ぽくて品があります。
そして本種の生産者様は盆栽も手掛けていたということもあり、そのノウハウをオリーブに落とし込んでいるので枝数や葉っぱの多さは逸品です。

品種はシプレッシーノ。
上へ上へとバランスよく成長する品種で、世界中に広く普及しており、病害虫に強く育てやすい品種のため栽培は比較的容易です。
葉は丸みがある中型で、全体的にまとまっており鑑賞価値も高いです。
萌芽力が強く樹形をつくりやすいので、伸びすぎた箇所をカットして樹形を整えてあげてください。

植木鉢は1942年、戦下のデンマークで生まれたBergs Potter(バーグスポッター)。
ブランドの代名詞でもある“コペンハーゲン”シリーズの釉薬塗Glazedラインです。
職人がひとつひとつ手作業で釉薬をかけ厚みを調整することで、そのぽってりした風合いと独特のニュアンスが完成。
デンマークの港町の風景にインスパイアされた釉薬カラーも、Bergsの魅力のひとつです。
自然への敬意と風土愛がうかがえる逸品ではないでしょうか。


学名 : Olea europaea
科名 : モクセイ科 
属名 : オリーブ属
系統 : 常緑樹
耐寒性 : 普
耐暑性 : 普
花期 : 5-6月
撮影日:2022.12.28

全体 : 約W43cm H63cm
POT : φ20cm

>置き場所
直射日光を避けた、風通しと日当たりのよい屋外で育てましょう。

>育て方
表面処理材の下の用土がしっかりと乾いたら与えるタイミングです。
回しかけるように満遍なく、底穴から出てくるまでたっぷりの量を与えます。
土の中に溜まった粉塵などを押し出すイメージです。
根腐れやコバエの原因になりますので、受け皿にお水が溜まりっぱなしにならない様に気を付けましょう。
冬は成長も穏やかになるので回数は少し控えめにします。
一方、乾きやすい6月~9月はお水やりに気をつけます。
剪定は休眠している1-3月上旬がオススメです。
伸びすぎた枝を整えるように切ってください。
肥料は固形肥料を2・6・10月に与えましょう。

※植物の特性上、葉のふち等が少し茶色くなっているものや葉に傷がついている場合があります。
※植物の葉は、太陽の光の方向に向きを変えていきます。 したがって写真の状態と、お届けした際の状態で、葉の向きが多少異なる場合もあります。
※到着後はなるべく早く開梱をお願い致します。
※こちらの商品は他商品と同時に購入した場合、別送でのお送りとなります。

最近閲覧したアイテム